Sidfoldqrpg7qcx26sbw

セルフ動画プロデューサーになる方法

一人でもできる、カメラなしで動画を収録して定期収入を得る方法

   プロモプレビュー

コースのご紹介

動画を作ると聞くと、とても難しいことであるように聞こえるかもしれません。
確かに、テレビ番組やCMなどを制作するには知識や経験、機材、様々なものが必要です。
しかし、近年はYoutubeやInstagramなど、写真や動画を投稿する場所も増え、
新たなマーケットとして大きく発展しつつあります。
今まで、動画の視聴者であった人々が、発信者へと変化する時代が来たのです。

このコースでは、あなたの持つスキルやノウハウ、経験を動画教材というツールを使って、
ビジネスに変える方法をお伝えします。

教材を単体で配信、販売することもできますし、
セミナーと組み合わせて長く使っていくこともできます。
動画を作る知識、技術、環境を得て、
なおかつそれをあなた自身の商品にしたり、ブランディングに使うことができる。
そう考えるとお得だと思いませんか?

動画を作る、と一言で言っていても、そこにはいくつかのプロセスがあります。
また、教材となると見せ方にもテクニックがあります。
でも、心配はいりません。
私たちが初歩から、実際に作るところまで、しっかりとサポートします。
一度ロジックがわかってしまえば、あとはあなた次第でどこまでも上達することができます。

何十万円もするような高価な機材は必要ありません。
最小ならば、あなたのパソコンと、マイクと、スマートフォンがあれば動画も教材も作れてしまいます。
もちろん、同じテクニックを使って、ホームビデオの編集、簡単な広告用動画だって作れてしまうのです!

難しい、専門家でないとできない、なんてことはありません。
そのメンタルブロックを突破しましょう。
一歩踏み出してみれば、あなたの可能性を大きく広げることができます。
あなた自身が、あなたの専属動画プロデューサーになって、
思うがままに教材やプロモーションビデオを世に発信していきましょう!


推奨条件

  • 1台の機械(MACやWIN)
  • 1台のマイク
  • インターネット接続
  • 動画撮影・画面収録と編集ソフト 

学習内容

  • 動画講座をつくる方法
  • 動画講座を作るための準備・コンピューターの設定
  • 収録ソフトを使った編集方法
  • 収録ソフトを使った収録方法
  • 動画の出力
  • ナレーションの吹き込み方
  • 実践的動画作成とテクニック

このようなお方におすすめ

  • 講師としてセミナー、動画講座を企画中
  • 開発者でスクリーンキャプチャーを使った説明動画を作る
  • 営業マンで資料を映像で見せる
  • 著書の内容を映像でも発信・販売する
  • 自分の持つ専門知識を動画にして販売する
  • 動画を無料でつくってみたい
  • プレゼンター
  • 起業家


講師プロフィール

晴山 楠人
1988年 東京生まれ

2015年からフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動。
書籍デザインや、企業ロゴなどのデザイン制作を経て、
2016年にベザット氏の元で動画編集を担当。
人生初の動画編集とアニメーション制作を経験し、
1年で動画の制作や知識について独学で学ぶ。

現在は複数の映像会社でVideographer兼グラフィックデザイナーとして活動。
西武グループやさいたま市のWeb広告映像や、伝統工芸や伝統芸能を中心とした
ショートドキュメンタリーの制作などに企画、撮影、編集全てで参加。

映像業界の最新情報を追いかけ、

日々、研究を重ねる。


講師プロフィール


宜壽次ベザット
宜壽次ベザット

1966年イランの南生(アバダン)まれ。

インドのPUNE大学BCSコンピュータ・サイエンス学科卒業後開発社に入り、沖縄出身女性と結婚を機に来日。

動画教材開発、教育業界など東京でヒューレットパッカード社へ就職。

2003年に独立し、株式会社イーコースを立ち上げる。

eラーニングで学習教材を開発し、2006年学習教材でBIGLOBE「SOFTPLAZA大賞2005年上期」を受賞。

2015年メディアエンジニアから「メディアプロデューサー」へ活動領域を拡げ、動画の未来を切り拓くべく、セミナー、コンサル、講演活動を積極的に行っている。


カリキュラム



よくあるご質問


Q、この講座はスマートフォンやタブレットでも受講できますか?
A、はい。スマートフォン、タブレット、PCでも受講できます。
Q、パソコンだけでも配信できますか?
A、パソコンだけでも配信はできますが、番組として定期的に続けていくためには、WEBカメラ、マイクは揃えてください。必要な機材は講座の中で説明しています。
Q、パソコンはWindowsですが問題ありませんか?
A、基本的にはMacとWindowsの違いはそれほどありません。Macで解説していますが、操作が違う時にはWindowsでの解説もしてあります。

今すぐスタート!